太陽光発電のデメリット

太陽光発電のデメリット

太陽光発電は、原発の代替エネルギーとして注目されていますが、

電力関係者は原子力の不足分を、再生エネルギーでまかなうのは

無理といっています。ベストミックスするべきであると。

・発電効率が低く広大な土地が必要

太陽光発電は他の発電設備に比べると、発電効率が低い

ため、100万kwの原発1基分を太陽光パネルに置き換え

るには、42〜56平方kmという広大な土地面積が必要に

なります。

しかしこれは大きな話で、日本の家庭の平均的な年間

消費電力量は4200kWhと言われています。この電力

をまかなうには、標準的な4.0KWの太陽光発電システム

を設置すればいいことになりますので、家庭の電気を

太陽光でまかなうことは十分可能です。

・日射がある昼間しか発電しない

発電出力は日射がある昼間しか発電できず、季節、時刻、

天候に左右されます。夜間は当然発電出来ません。その

ような発電量が一定しない電力源では、発電するしないを

管理することが非常に難しいです。天候頼みで不安定な

電気を蓄え、安定電源に転換する。今後の充電技術の

進歩が待たれます。

・システムが割高

3kwのシステムでも150万〜180万と車が買える程の

値段がします。このシステムを一括で現金で払える人

は少ないでしょうから、提携ローンを利用するとなると、

回収年数はさらに伸びる方向にあるでしょう。技術進歩

と市場の広がりで、太陽光発電システムの値段は徐々

にですが年々下がっています。しかしまだ他の発電設備

に比べると発電単価は割高です。

 

 

 
img_contact.gif